食べること

体が欲しい物は体が知っている?

 

はじめまして。すっかり春になりましたね。

これから食に関するコラムを担当する孟希子(まきこ)です。

漢方でよく使われる五行説では春の臓器は肝。

肝は血を貯蔵し、全身に気を巡らせる働きをしています。

肝を養うことが春を健やかに過ごせる秘訣です。

体が欲しているのか、最近は香りのある香菜が

食べたくて仕方ありません。

血を補う青身のお魚や、ドロドロした血(瘀血)を解消して

くれるトマトにも心が動いています。

私は食べたい時に欲している物&旬な物を食べるのが健康の

秘訣だと思っています。

不思議ですが、体って体が欲している物がわかるみたいです。

 

薬膳菓子も作るのですが以前に肉豆蔲(にくずく)の

クッキーを作りました。肉豆蔲とはナツメグの事です。

スパイスが大好きなので入れすぎ・・・と反省していましたが、

意外や意外。30代後半~40代前半の女性たちに大好評!!

20代の女性、50代の女性にはスパイスが強い

という指摘を受けました。

ナツメグは肉豆蔲として生薬にも使われ、

体を温める効果があります。

試食した30代後半~40代前半の女性は冷え性が多く、

ナツメグの体を温める効能が調度良かったのかもしれませんね。

 

 

■プロフィール

孟希子☆Yaku-Zen

料理研究家 国際中医薬膳師

アメーバブログ http://ameblo.jp/yaku-zen1/

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *






Comment *